ソワンは毛穴に効果あり?なし?

ソワンは毛穴に効果あり?なし?

ソワンの成分、低刺激ビタミンC誘導体って何?

ソワンの成分、低刺激ビタミンC誘導体って何?

「最近、忙しくてお肌の手入れを全然していない。
そのせいか毛穴が目立ってきた気がする。」

 

このように悩んでいる人はいませんか。毛穴の悩みは実が30代〜40代の女性に最も多い悩みでもあるんです。

 

そんな忙しい女性のために毛穴専用美容液ソワンが販売されていて、人気もどんどん広がっています。

 

今回はソワンの成分の中でも毛穴トラブルに効果の高い、低刺激ビタミンC誘導体についての説明をします。

 

また、低刺激ビタミンC誘導体が毛穴に与える効能も説明していきます。

 

低刺激ビタミンC誘導体って何?

まずはソワンの成分の低刺激ビタミンC誘導体は何かについて説明する前にビタミンCについて説明します。

 

ちなみにビタミンC誘導体って何か知っていますか?ビタミンC誘導体が肌にどんな影響を与えるのかも説明します。

 

肌トラブルに効果の高いのはビタミンC

毛穴が開いてくると毛穴の中に汚れがどんどん詰まっていき、毛穴が閉じなくなってきます。さらに毛穴が開くと肌に弾力も無くなり老化の原因にもなってしまいます。そんな肌トラブルに良いと言われているのがビタミンCですね。

 

ビタミンCは、肌の奥深くにある線維芽細胞を活発にする効果があります。この繊維芽細胞はヒアルロン酸やコラーゲンなどを作ってくれる大事な働きがあります。

 

ビタミンCが不足してくると繊維芽細胞の働きもどんどん弱くなっていきます。そうするとコラーゲンやヒアルロン酸などが作られなくなってきて肌にハリも潤いもなくなります。

 

肌にハリや潤いがなくなってくると肌の調子が整わずに毛穴の開きがより目立ってくるようになります。

 

ビタミンCには大きな欠点が

ビタミンCは肌に非常に高い効果をあらわします。しかし、ビタミンCは空気にさらされると壊れてしまう性質を持っているんです。ビタミンCの成分がどんなにたくさん入った化粧品を使用しても、空気に触った時点でほぼ壊れてしまっているので、肌の奥深くまで届くことができません。

 

ビタミンCは肌の奥深くまで届くことができないと言う最大の欠点を補うために誕生したのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体とは何?

ではビタミンC誘導体とは一体何でしょう?ビタミンC誘導体とは肌の奥に届かないビタミンCを肌の奥まで届かせるように、肌へ浸透をしやすく作られたものです。

 

ビタミンC誘導体は新陳代謝を促したり、酸化を防ぐ働きがあります。また、色素沈着を防ぎ、美白や美肌をしてくれる働きもあります。

 

それだけではなく、肌の奥深くまで浸透してくれるのでコラーゲンを作り、気になる毛穴を目立たなくしてくれるのです。毛穴が目立たなくなるとたるんで見える顔もハリがあるように見えますよ。

 

低刺激ビタミンC誘導体って?

ビタミンC誘導体の素晴らしさはよくわかったかと思います。「じゃあビタミンC誘導体を使用したら良いんじゃないの?」と思う人も多いことでしょう。しかし、ビタミンC誘導体にも人によっては落とし穴があるんですね。

 

ビタミンC誘導体は刺激が強い

ビタミンC誘導体は肌の奥まで浸透するため崩れた皮脂をコントロールしてしまいます。そのため皮脂の量が少なくなってしまう場合があるんですね。

 

ビタミンC誘導体は水溶性と油溶性の2種類の種類があるのですが、水溶性は浸透性がないけれど馴染みやすく、油溶性は肌を浸透しやすいけれど馴染みにくい特徴があります。

 

特に敏感肌や元々の皮脂量が少ない乾燥肌の人がビタミンC誘導体を使用すると肌に過剰に反応をしてしまい、かえって肌がいたんだり、ピリピリする可能性があります。

 

自分の肌質によって水溶性のものを使用するか油溶性のものを使用するか見極める必要があります。

 

ソワンのビタミンC低刺激誘導体はどんな人でも使える

ソワンに含まれているビタミンC誘導体はAPPS(アプレシエ)と呼ばれている最高級のビタミンC誘導体なんです。APPSの素晴らしい所は水溶性と油溶性の良い所を集めた成分になっていることです。

 

APPSは他のビタミンC誘導体の100倍の浸透力を持っているだけでなく、肌へ馴染みやすく刺激も低いだけでなく、コラーゲンを高い力で生成し、たるみを改善してくれます。
コラーゲンは開いた毛穴を閉じてくれる働きがありますね。

 

また、肌の酸化や色素沈着を防いでくれるので、毛穴の黒ずみに高い効果を発揮してくれます。

 

つまり、ビタミンC低刺激誘導体は効果が高いだけでなく、どんな肌の人にも刺激が少ないので使ってもらえると言うことですね。