ソワンは毛穴に効果あり?なし?

ソワンは毛穴に効果あり?なし?

乾燥は毛穴トラブルの敵!

乾燥は毛穴トラブルの敵!

肌の毛穴トラブルは年齢が上がってくるとともに困った悩みとして聞こえてきます。毛穴のトラブルの原因はたくさんありますが、大きな原因は乾燥だと言うことを知っていますか?一見乾燥は毛穴のトラブルと何が関係あるのか不思議に思えますが実は深い関係があるのです。

 

そこで今回は乾燥がどうして毛穴トラブルと関係するのかを説明していきます。

 

肌が乾燥するとどんな毛穴になるの?

肌が乾燥するとどんな毛穴になってしまうのでしょうか?自分の肌が乾燥していないと思っている人も毛穴の様子を鏡で見てみてください。どんな毛穴だと乾燥肌なのかをまずは紹介していきます。

 

たるんだ毛穴のたるみ毛穴

毛穴は普通は丸いポツッとした小さい形をしていますが、肌が乾燥してきてしまうと肌に自然とハリがなくなってしまいます。そうすると毛穴も横長の状態になってたるんできてしまいます。これをたるみ毛穴と言います。

 

たるみ毛穴は肌が乾燥してくるとおこる代表的な症状です。ちなみにたるみ毛穴があると肌自体も垂れ下がり老けて見えてしまいます。

 

帯状毛穴

帯状毛穴が一番厄介です。肌が乾燥してくると毛穴も横長になってたるんできますよね。そしてさらに乾燥の症状が進んでいくと、横長のたるみ毛穴が1つ、2つとくっついていって帯のように長くなってしまいます。これを帯状毛穴と言います。

 

帯状毛穴になると、最終的にその帯状毛穴が小じわとくっついて深いシワになってしまいます。恐ろしいですね。

 

どうして肌の乾燥が毛穴トラブルをおこすのか

ではどうして肌が乾燥すると毛穴トラブルをおこしてしまうのでしょうか?元々人の肌はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分が隙間なく埋められていて肌のハリや潤いを保っています。しかし、年齢がどんどん上がってくるとこの成分が少なくなったりバランスがとれなくなってきたりして、たるんできてしまいます。肌が自然と水分不足になってしまうのですね。
老化は生きている限り仕方のないことですが、では老化でないのにどうして乾燥してしまうのでしょうか。
順を追って説明します。

 

乾燥するとバリア機能が弱くなる

元々人の肌は紫外線などの刺激から肌を守るためにバリア機能がついています。このバリア機能のすぐ下にあるのが角質層と呼ばれている細胞部分です。角質層は尿素やアミノ酸だけでなく角質細胞間脂質と呼ばれている成分が入っており、この成分で肌の潤いを保っているのです。

 

しかしこの角質層は肌が乾燥してくるとすぐにはがれてきてしまうと言う弱点があるのです。

 

乾燥すると皮脂が過剰分泌される

角質層がはがれてくると、潤いを保っていた肌が一気に水分不足になってしまいます。肌が乾燥してくると毛穴もどんどん目立ってくるようになります。肌が乾燥から身を守ろうとして今度は皮脂を過剰に分泌していきます。

 

結果、皮脂の過剰分泌が続き、毛穴にもどんどん皮脂汚れがつまってしまい、毛穴トラブルが発生する原因となってしまうのです。

 

このように肌が乾燥してくると肌自身が乾燥から身を守ろうとして、皮脂を過剰に分泌するようになるのです。そのため必要な皮脂以上に皮脂がどんどん分泌されてしまうようになって毛穴に詰まっていってしまうのです。