ソワンは毛穴に効果あり?なし?

ソワンは毛穴に効果あり?なし?

毛穴トラブルを悪化させてしまう洗顔方法とは?

毛穴トラブルを悪化させてしまう洗顔方法とは?

何だか最近毛穴がブツブツして遠くからでも目だって見える気がする…毛穴が黒くポツポツしていると悩んでいる女性が増えてきています。

 

毛穴が開いてくると化粧をしても隠しきれなくなってきます。

 

キレイな毛穴にしたいと様々な対策を行うのはとても良いことですが、中には間違った方法をしていて逆に毛穴を開かせてしまっている人もいるかもしれません。

 

今回は毛穴トラブルを悪化させてしまう洗顔方法とは何かについて紹介していきます。

 

 

実は間違い?毛穴トラブルが悪化してしまう洗顔方法

毛穴のトラブルは悪化していなければほぼ洗顔を気をつけることで治ると言われています。しかし、自分で良いと思って、毛穴のために一生懸命行っている方法が、実は毛穴トラブルが悪化してしまう洗顔方法の場合もあるのです。

 

まずは間違った洗顔方法の中で代表的なものをいくつか紹介していきます。

 

洗いすぎ

毛穴は洗えばきれいになると思う人が多く、洗浄力のあるクレンジングを使用したり1日に何度も洗顔を行う人がいます。これはかえって毛穴のトラブルを悪化させてしまう原因になってしまいます。

 

毛穴トラブルに多い原因は皮脂の過剰分泌です。
しかし、人の肌にはある程度の皮脂は必要で、この皮脂が肌を守ってくれる働きもしてくれるのです。

 

しかし、洗顔をしすぎると必要以上に皮脂を洗い落としてしまいます。そうすると肌を守ろうとして皮脂が余計に過剰分泌されてしまいます。洗いすぎは毛穴トラブルの悪化につながるのでやめましょう。

 

ゴシゴシとこする

洗顔をする時に汚れを落としたいあまりにゴシゴシと強くこすっていませんか?洗顔時に肌を強くこすると毛穴トラブルの悪化につながります。

 

洗顔をする時に強くゴシゴシとこすってしまうとかえって肌を傷めてしまう原因となり、毛穴トラブルが悪化してしまいます。

 

ピーリングのしすぎ

ピーリングは古くなって詰まってしまった角質を排除し、肌のターンオーバーを整えてくれる素晴らしい方法です。近年では「どんな肌トラブルもピーリングで治ります!」みたいな謳い文句もたくさん目にすることがあるかと思います。

 

しかし、ピーリングをしすぎると肌を守ってくれているバリア機能も一緒に落としてしまうことになります。バリア機能も落ちてしまうと、肌が乾燥してしまい、皮脂が過剰分泌されてしまうので、毛穴トラブルの悪化を招いてしまいます。

 

毛穴が悪化する洗顔方法をしてしまっている人は早くやめるようにしましょう。

 

毛穴トラブルには洗顔料も関係あり

毛穴トラブルを悪化させるには実は使用する洗顔料も深く関係するのです。毛穴のトラブルを悪化させてしまう洗顔料も紹介します。

 

弱酸性の洗顔料

弱酸性の洗顔料は肌への刺激も少ないので肌荒れがないと言われています。しかし、人間の肌は酸性やアルカリ性を調整する機能が元々備わっているのです。

 

ですから弱酸性の物を使用しても酸性の物を使用しても、人間の肌は自分でコントロールすることができますし、コントロールすることで代謝をあげるので健康な肌状態を維持することができるのです。

 

しかし弱酸性の洗顔料を使用し続けるとこの、肌をコントロールする機能と代謝が低下し、毛穴トラブルも悪化する原因へとつながってしまいます。

 

スクラブ洗顔

スクラブ洗顔は奥に詰まった角質や皮脂汚れをきれいに取り除いてくれる働きがあってピーリング効果は非常に高いです。しかし、スクラブ洗顔を毎日すると必要な角質や皮脂まで洗浄してしまうのでかえって毛穴トラブルにつながってしまいます。

 

さらにスクラブ洗顔はピーリング機能と刺激が高いため、毎日使用していると肌の大事なバリア機能がなくなって乾燥肌になってしまいます。乾燥肌になると皮脂が過剰分泌されてしまうので毛穴がつまる原因になってしまいます。

 

もしスクラブ洗顔を使用したい場合は週に1回程度にしておきましょう。

 

界面活性剤が含まれているもの

安い洗顔料などによく含まれている界面活性剤は、安い価格で大量に生産できるメリットを持っています。
界面活性剤は洗剤やシャンプーなんかにも含まれていますね。

 

界面活性剤は安価でしかも洗浄力が高いと言うメリットを持っていますが、洗浄力が高い分、必要な皮脂なども全て落としてしまうデメリットもあります。

 

毛穴をつまらせるだけでなく乾燥肌になってしまう可能性もあります。

 

間違った洗顔をすると毛穴トラブルの悪化につながるので直せるものは直すようにしましょう。