ソワンは毛穴に効果あり?なし?

ソワンは毛穴に効果あり?なし?

毛穴に悩んだ体験談(1)

毛穴の悩みについて

ソワンは毛穴に対する色々な悩みの救世主になるために作られた美容液です。
皆さんが持つ毛穴の悩みを集めました。
これたの毛穴トラブルに悩む方に、当レビューサイトがお役に立てば幸いです。

 

 

また角栓をピンセットで抜いてしまいました

毛穴の悩み

 

毛穴に角栓が詰まって困ります。
洗顔料を変えると、たいてい使い始めは効果を感じるのですが、長く使うほどに、効果が薄れてくる気がします。
ピーリングタオルとかパックも同じです。

 

しかも私が試したものは、かなり肌に負担がかかりそうな使用感でした。
角栓を無理やり抜くのは良くないと聞きます。
たしかにピンセットで抜いてしまうと、毛穴がポッカリ空くし、肌が傷むというのは理解できます。

 

でも抜かなかったら、いつまでも角栓が詰まったままです。
とくに鼻の角栓が詰まっていると、見ていてイライラしてしまいます。

 

ときどき我慢できなくなって、ピンセットで抜きます。
抜き始めると止まらなくなって、気が付いたら何十分も経っていたりします。

 

肌の為にはならず、同じ姿勢で肩がこるし、時間まで浪費して、自己嫌悪に陥ってしまいます。
つい昨日も、角栓をピンセットで抜いてしまいました。

 

毛穴がポッカリ空いて、ちょっと「ヒリッ」と傷みます。
これでは将来の肌が心配です。

 

いつの間にか目立つようになっていた

毛穴の悩み

 

お肌のお手入れが大好きなので今も毎日パックをすることと美顔器を使用することが日課ですが鼻の毛穴の黒ずみと頬の毛穴が開いていることが悩みです。

 

一度黒ずんだり開いてしまった毛穴は自然治癒することもなく洗顔やパックなどを使用してもなかなか綺麗にならずファンデーションとコンシーラーでうまく隠すようにしています。

 

昔の写真を見るとすっぴんでも肌は綺麗で毛穴も目立っていなかったのでやっぱり歳をとったんだなと思うことにしています。

 

今は毛穴を綺麗にする効果のある泥のパックや時間があるときに行うオイルマッサージなどで少しでも毛穴が綺麗になるように努力していますがこれ以上、目立つようになってきたらエステなどで毛穴の洗浄をするしかないのかな、と思っています。

 

美容やメイクが大好きなので目立つ毛穴もうまくごまかしているので絶対にすっぴんでは外出できないのでちょっとの買い物でも気を使います。もう少し綺麗な毛穴を目指して毎日より良い美容法を研究中です。

 

毛穴がみかんのブツブツのようになってしまいました

 

毛穴の悩み 

 

私の肌ははっきりいってみかんの皮のようです。それに加えて加齢が進み毛穴がしずくのようになってきました。

 

毎朝メイクをしていると憂鬱になってきます。ファンデーションが毛穴に入りブツブツに見えるのです。

 

肌が汚いととても老けて見えますよね。実年齢より10歳は老けて見られているのではないかと悲しくなって朝からため息が出てしまいます。
もともと乾燥肌でキメが荒いので冬は特に粉を吹いたような肌になり毛穴もいっそう目立ってしまいます。

 

固形のファンデーションでは毛穴が隠れないので、コンシーラとクリームファンデーションで毛穴を隠すのですが厚塗りになってしまいます。

 

それも午後には崩れてきてメイクを直すときはがっかりする肌になっています。

 

どうしたらいいのか色々と化粧水を変えてみましたが、肌の綺麗な友達に聞くと特に高い化粧水を使っているわけでもないんですよね。
もともとの肌質や体の中がきれいなんだろうな。だから内側からケアしないといけないのかなと思いました。

 

ということで今はコラーゲンプラセンタサプリをとっています。外からダメなら内からケアを頑張ります。

 

 

毛穴をなくすために努力した日々

毛穴の悩み

 

若い頃から毛穴が目立っていましたが、特に気になったのが鼻の毛穴です。
オイリーだった高校生くらいの頃、顔の脂を取る為に使用したニキビ用の化粧品だったり毛穴パックだったりが顔の感想を招いて毛穴がだんだんと目立っていったのだと思います。

 

大人になり化粧をしだしたのも毛穴の開きを加速させたのだと思います。昔は知識もなく、ただファンデーションが落ちにくい肌を目指してやはり保湿を怠った生活を送っていました。

 

その後毛穴の開きは完全にもとに戻ることはないのだとわかってからは隠す作業に入りました。
幸い毛穴をカバーする化粧品も出だしていましたし、ファンデーションも日々進化して優秀なものが多かったので比較的毛穴は隠せていたと思います。

 

その後さらに考えが変わって今現在はファンデーションを塗るのをやめて肌を呼吸しやすいようにと心がけています。
他にも脂っこい食べ物を控えるなどの食事からの面も気をつけるようにしています。